keshigomukunn

記事一覧(8)

夢の音(英題:My music)

99min / HD / 2018<あらすじ>人付き合いが苦手な二十歳の葵は、人との関わりを避け、昼食の時間を会社のトイレで過ごす。家に帰っては部屋に引きこもり、お酒を飲んで酔っ払う自堕落な生活に、姉・歩美から毎日のように「改めろ」と怒られてばかりだが、どうする事もできずにいる。一方、今インディーズで最も勢いのあるバンド「東京カタルシス」は人気を支える絶対的ボーカリスト・夢乃が突然バンドを脱退する事になり、バンドの存続が危ぶまれていた。出演:眉村ちあき、小田夢乃、佐久間みなみ、桜まゆみ、山﨑恒輔、竹田雄祐、藤村英志、三田結菜、林浩太郎、後藤紗亜弥、戸井田奈都子、泉水美和子、木村夏子、菜美、沢村英樹、小池首領、巴山祐樹、松川遥菜、室上茂、下町ノ夏、梶礼美菜、由利華、碧木もも、中西優華、岬まき、他監督・脚本・編集:松浦健志音楽プロデューサー:hoto-D撮影・照明:迫あすみ録音・車両:川上悠演出応援:渡邉裕也制作応援:伊東佳純 有田陸人 宍戸絹代 立川大貴 近藤綾音照明応援:橋本優希宣伝プロデューサー:成田雅嗣ダンス振付・指導:後藤紗亜弥<ホームページ>https://music-films.amebaownd.com/<twitter>https://twitter.com/yumenootofilm<予告編>https://youtu.be/eXXJA5S3J-o

私の刺(英題:My tattoo)

82min / HD / 2016<あらすじ>2004年・夏。紫歩(堀井綾香)は同じ高校に通う知的障害者の兄・まさお(東龍之介)に手を焼いていたが、まさおを通じて同じクラスの奈津子(宮崎まこ)、陸人(野川大地)と仲良くなる。四人で行動する事が多くなったある日、まさおが問題を起こし、四人の関係に亀裂が入る。2016年・夏。紫歩は武雄(寺部隼人)と婚約するが、武雄の妹・萌(堤萌)が紫歩の腰にあるタトゥーの話を武雄の母・雅子(泉水美和子)にうっかり話した事から、雅子に結婚を反対されるようになる。責任を感じた萌は、兄の結婚が上手く行くように奔走する中、紫歩の過去に深い影を感じ、探り始める。20××年・夏。主婦となった奈津子は、夫・大介(林浩太郎)に暴力を振るわれ、怯える毎日を送っている。そんなある日、紫歩にそっくりな朱音(堀井綾香)と出会う。自分の気持ちに正直に生きるレズビアンの朱音は、奈津子を夫の干渉から救い出そうとする。3つの夏が交差する時、紫歩のタトゥーに隠された心の闇が明らかになる。企画・監督・脚本・撮影・編集:松浦健志プロデューサー:成田雅嗣録音・撮影助手:川上悠、門脇有希音楽:hoto-Dエンディングテーマ:小田夢乃「私の刺」(作詞:松浦健志、作曲:hoto-D)出演:堀井綾香、宮崎まこ、堤萌、東龍之介、野川大地、賀谷安里紗、鈴木まはな、林浩太郎、鏑木悠利、正垣那々花、リーマン・F・近藤、寺部隼人、小野哲平、泉水美和子、森山彩美、豊村和子<ホームページ>http://www.watashinotoge.com/<twitter>https://mobile.twitter.com/mytatoo19850603<radio>https://soundcloud.com/5tl0dj8jmrwu<DVD販売>https://takeshimatsuura-flim.amebaownd.com/pages/1106192/shopItem第2回湖畔の映画祭 正式出品(上映:2016.8.5)http://kohan-filmfest.info/film.html福岡インディペンデント映画祭2016 正式出品(上映:2016.8.25)http://www.fidff.com/com/2016-041.html先行上映in伊東市(2016.4.24) @静岡県伊東市「伊東ふれあいセンター」上映イベントin北参道(2016.9.30) @東京都渋谷区「北参道ストロボカフェ」